カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

路上

お鉄さん・濡れた靴下・しょこたん

最近職場に新顔のプログラマさんが入ったのですが、この方がまたエラいこと濃いい方で、筋金入りのお鉄さん(あえて敬意をこめてこのように呼ばせて頂きます)であり、廃墟マニアであり、休日ともなれば全くその趣味のない奥さんを伴って廃墟巡り(といって…

花と猫

最近ここに書くネタに詰まり気味です。 こんなときは猫の写真でごまかせ!ちなみにこの猫は通勤途中にある猫だまりのなかの一匹。半ノラ良V3と命名。他にも半ノラ良2号、半ノラ良Xがいます。しかしここの猫たちは警戒心が強くてなかなか近寄らせてもらえ…

半ノラin春

通勤途中の猫だまりにいる半ノラとおぼしき猫たち。春なのでさかんに路上でマッタリしています。こいつは二匹いるキジトラ(多分兄弟)のうちの一匹。半ノラ良(リョウ)一号と命名。このふてぶてしいガン見がたまりません。

猫が三匹

「なんじゃワレ」「なに撮っとんねん」「え、なにー?」 以上、通勤途中にある猫の皆様の溜まり場からお送りしました。ちなみにこの周りは雪の山。猫には厳しい季節です。

地獄の貼り紙部屋・その後

さて昨年の秋から暮れにかけて我々のドギモを抜きまくってくれた「地獄の貼り紙部屋」。最後の報告をしてからすでに二ヶ月が経とうとしていますが、その後どうなっておるのか。ここに謹んでご報告させて頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

和式便所を掃除する宇宙人

正月は伊豆半島に小旅行に行って来たのですが、その道すがら発見。工事中の道路標識が和式便所を壊しているように見えるというのは有名な(なのか?)話ですが、これは工事中の人がナスカの地上絵だか宇宙人だかみたいになっています。見ようによっては宇宙…

地獄の貼り紙部屋(総集編・その2)

続きです。しかし2008年のこのブログの総決算がまさかこんな記事になろうとは一体誰が予想したでしょうか。しません。今回は未公開画像も一挙公開です。

地獄の貼り紙部屋(総集編・その1)

今年も押し迫って参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。路上の気まぐれ観察者ことbanでございます。 さて、今年の秋に発見した「路上駐車・路上喫煙お断り」のメッセージを強烈すぎる手製のポスターに込めて週替わりで発信し続ける、その名も「地獄…

今週の貼り紙部屋

先週は巡回できませんでしたが、昨日通りがかるとバッチリ更新されていました地獄の貼り紙部屋。もはや自分にできる事は淡々とアップすることのみであります。

耳隠さず

故郷の山中で発見。耳!!耳、焼けちゃうよ! しかし目はプロフェッショナルな感じ。もしかして耳はダミーなのか?

高知満喫

という訳で二泊三日で高知を満喫しました。どのくらい満喫したかと言うと、龍馬、龍馬、はりまや橋、龍馬、龍馬、カツオ、ドロメ、酔鯨、龍馬、龍馬、桂浜、五色石、龍馬、龍馬、龍馬、龍馬、龍馬、龍馬、龍馬、龍馬、うどん、竜河洞、龍馬、龍馬、龍馬、龍…

今週の貼り紙部屋

えー今週も更新されていました地獄の貼り紙部屋。今週も淡々とアップします。

今週の貼り紙部屋

えー今週も淡々と更新されてました地獄の貼り紙部屋。もう突っ込む気力もジリ貧になるほどの旺盛な創作意欲に何かが負けてしまいそうです。

久しぶりに大きな弧を描く虹を目撃。地下鉄新さっぽろ駅近くにて。

今週の貼り紙部屋

ハイ、今週も新作がでてきましたねえ。地獄の張り紙部屋。一体一体いつまで続くんでしょうか。今週は、あの、有名なヒーローが出てきますよ。何でしょうねえ。それではご覧なさい。

今週の貼り紙部屋

さあ〜今週も皆さんお待ちかね、地獄の貼り紙部屋のコーナーです。今回は史上もっともカオスかつミステリアスな内容になっております。

今週の貼り紙部屋

おなじみ地獄の貼り紙部屋のコーナー。今週も当然のよう刷新されておりました。さらにオドロキの新機軸が! ※10/27追記。 さらにもう一種類バリエーションが派生していたので画像を追加しました。むうう…。

今週の貼り紙部屋

例の地獄の貼り紙部屋。連休明けにまたも新作発表。もはや大して論評することもないので淡々とアップします。

道北旅行メモ

先日の道北旅行の時に心に残ったことメモ。 ・とにかくオロロンラインは風が強かった。日本海も荒れまくってた。東映の三角マークが出るかと思った。あとヅラ着用の方は車から一歩も出られないと思った。 ・増毛の食堂でニシンそばを食べてたら壁に緒形拳の…

地獄の貼り紙部屋 〜その5〜(追補)

先日のエントリにて新作発表の報告をしたばかりですが、昨日の通勤時に再度現場を通りがかりましたところ、ポスターの横にさらに貼り紙が!しかも何やら長々と文章が書かれているご様子。気付かれたか?「勝手にポスターを撮影してブログにアップしないで下…

地獄の貼り紙部屋 〜その5〜

新作キター!こいつのおかげでオイラ毎日の通勤時にデジカメが手放せなくなってしまった。どうしてくれる。くれんでもよい。とにかく画像をご覧下さい。

地獄の貼り紙部屋 〜その4〜

うーむ。まさかこれほど早く新作が出てくるとは…。例の地獄の貼り紙部屋。月曜日にまたも新作が。しかし…今回は…どうなんだろう。論評に困る図柄です。

一生うらむから

このところワッチンし続けている地獄の貼り紙部屋が、予想以上に短いスパンで新作を発表。さすがに前作は余りに教育上よろしくなさ過ぎたために近隣から苦情でもきたのでしょうか。今回はグロ度がダウンしておりますが、一応たたんでおきます。

見苦シイデス

いやーまたギョッとしましたよ。先日紹介した「路上駐車・路上喫煙 死ぬほどイヤ!」のバッドテイスト手づくりポスターの新作が早くも!かなりエログロなので一旦たたみます。閲覧時は注意のほど。

死んでも

とにかく死んでもイヤ、という執念は伝わってきます。オイラこの前にはコワくて車停めらんない。ウッカリ止めようものなら呪われても仕方が無いというくらいの迫力。絵が妙に上手いところが逆にコワさを薄めているという説もありますが、実際に道を歩いてい…

さりげなく

うちの近所にて。壁面にさりげなく描かれたストレートな三文字。人間魔が差すとついこういう言葉を書いてしまいがちなので注意が必要です。そして言葉の脱力感とは裏腹に妙な達筆感がある点にも注目。この近所には天才が隠れているかも知れません。

ガーデニング

通勤路にあるゴミステーション。いろんな方面で意味が分かりません。思わずガーデニングという行為の意味を深く考えてしまう。しかしそれはそれとしてゴミは所定の場所に出さなくてはいけません。ここにゴミを出さなくてはならない人の気持ちは如何に。「ガ…

トリオ・ザ・不動

昨日は所用で手稲区の某所へ。目的地へ向かう坂道の途中に、味わい深いお不動様と二人の手下が。この手作り感がたまりません。中央が不動明王、向かって左がセイタカ童子、右がコンガラ童子ですが、コンガラ童子の方は背広を着せると「係長」と読んであげた…

Help Me

某JR駅の構内を歩いていたら、開け放してあるドアが。近道かと思って足を踏み入れると壁に指でなすったような「たすけて」の文字…。 気味が悪くなって引き返しましたが、振り返って確かめてみるとそこは関係者以外立ち入り禁止の場所でした。

忠犬Rの夏

今日も今日とて喫茶店でコーヒーをすする(推測)主人を荷台で待っている豊平区の忠犬Rこと竜太くん。厳しい日差しに主人も気遣ったのか日傘を立てて愛犬を紫外線からガードですが、にもかかわらず直射日光が顔面に直撃しているので竜太くんの顔もややゲンナ…

パンク肉

小難しいコードはいらねえ!スリーコードでガンガンやればいいんだよ!という潔い志のパンクロッカー肉屋さん。牛肉はCで豚肉はG7、鶏肉はFってとこですか。またはロースがCでモモがG7でバラがFか。この店に「すいませんホルモンください」とか言おうものな…

忠犬R

雪が溶けたころから通勤途中に出没する自転車の荷台犬こと竜太くん。以前は「竜太です 頑張れ日ハムファイターズ!」など朱書きされた名札を首から下げてじっと荷台にたたずんでいたのですが今日は名札を忘れた模様。今日も荷台の上にて、喫茶店で朝のコーヒ…

春よのう

すっかり札幌もぬくくなってきて、やっとこ春ぽくなってきたので陽気に誘われ近所の公園を散歩。雪が融けてくると、そのなかに隠れていた一冬分のゴミが煮詰まるように凝縮されて路上に残るのですが、ちょっと大きめのその公園には放置されっぱなしの廃車と…

たんけんぼくのまち

詳しくは書けませんが、とある事情で札幌の街を探索。ある一定のテーマにあてはまる箇所を地図上から探し出し、オリエンテーリングのように巡回。ウチの近所からそうでないところまで、愛車のヴィッツちゃんでくりくり走るのであった。というわけでオイラは…

玉と鯨

札幌市某所にて。とある不動産屋の店先ですが、一体これは何だ。こういうのが店内に待ち構えていて色々お得な物件を紹介してくれるというのか。立派な玉が付いてるが竿の方はどうなのか。「まで!!」とビックリマークが二個も付いてますが土地とか建物に対…

絵か文字か

札幌市某所にて。「白ぎゅうにゅう」なのか、それとも単に牛乳パックの絵と「ぎゅうにゅう」なのか、どちらにも取れる騙し絵のような看板。この見た目と意味の関係が定まらないところの他、「ぎゅうにゅう」の文字が白く抜いてあるところ、その文字の上に不…

城売ります

どういう素性の看板かよく判りませんが、売ってくれるらしい。城を。世間というものはまことに油断なりません。まあ耐震構造の偽造とかには気をつけてください。 あとなんの加減か右下に、ぽっかり「会」という字がマスキングテープ剥がしたあとのように残っ…

存在の全否定

札幌市豊平区某所にて。おいらが犬なら凹むな、これは…。 ちなみにここの近所には、犬猫避けの超音波発振装置を路上に向けて大作動、出力が強すぎて犬猫はおろか人間すら耳がキンキンして近寄りたくないという、通称「電波ハウス」があります。

髑髏と呪詛

近所のコイン洗車場にあった看板。 えーよっぽど腹に据えかねてたんでしょう。文面から怒りがにじみ出ています。ドクロの頭にあるヒビが一瞬青スジに見えてしまいますが、妙にオダヤカなドクロの表情と相まって、微笑みながらハラワタ煮えくりかえしてるよう…

東北ぐるぐるツアー(顛末):5日目

最後。 青森県むつ市で一泊したら、翌日は雨でした。 ホテル近くのマクドナルドで朝食をとり、その足で恐山に向かいます。むつ市内から山道に入り、20分も走れば恐山です。 途中、冷水という湧き水がでている場所があり、そこの水を一口飲めば十歳、二口飲…

東北ぐるぐるツアー(顛末):4日目

というわけで誰が読んでいるのか判りませんが書かないと気が済まないので書きますよ。つづーきー。 さて二戸市を出た我々は、さらに進路を北に向けて青森県に突入。新郷村というところへ向かいます。ここは山あいの静かな農村ですが、「キリストの墓」(画像…

東北ぐるぐるツアー(顛末):3日目(後)

しつこく続き。 さて岩手県は二戸市、金田一温泉郷に着いたのは日もトップリと暮れなすった午後6時半。緑風荘というひなびた旅館に到着しました。平日のせいか、宿はすいてて人陰もまばら。我々の他には数組の宿泊客しかいないようです。 年季の入った建物…

東北ぐるぐるツアー(顛末):3日目(前)

続き。 3日目、10/6は遠野市から同じく岩手県は花巻市に移動。宮沢賢治記念館、宮沢賢治童話村、羅須地人協会(賢治の住居)のトリプル賢治アタック。記念館で「永訣の朝」の肉筆原稿を見てたらなんだかこみ上げるものがありましたよ。その感動を胸に童話村…

東北ぐるぐるツアー(顛末):2日目

というわけで昨日は帰るなり焼酎をあおって死んだように眠っていました。つか死んでいました。 やっと疲れが抜けたので軽く旅行の顛末を綴っておきたいと思います。というわけで2日目、10/5の顛末。北上市を朝いちばんに出て、おなじく岩手県は遠野市へ。こ…

東北ぐるぐるツアー:1日目

今、岩手県は北上市の某ホテルです。 昼間は平泉まで足を伸ばし、中尊寺とか金色堂とか夢館奥州藤原歴史物語(やたらリアルなロウ人形が売りの歴史館)とか弁慶の墓とかをぐるぐる廻ってきました。特に夢館のロウ人形を使った歴史再現パノラマはかなり力入っ…

路上の門番

近所の空き家をまもりつづけるライオン。 その隣にいるまた別のライオン。 燃え尽きてました。

海辺のS席

苫小牧市の海岸で見つけた特等席。 空席でした。

純粋スイッチ

苫小牧市某所にて。果たして貴方はこれを目にして押さずにいられるであろうか。

不安な情景

傾いた電柱を撮ってみたら、たれこめる曇天とあいまって妙に不安を煽る写真に。 ちなみにFotolife導入してみました。これででかい画像も表示OK。

安全とは

なんとなくカワイイ気がするので撮ってみましたが、こうして見るとなんだか自信が無くなってきました。かわいいのか。どうなんだ。どうなのか。 横に小さく"SAFETY"と書かれてますが、それを信用して進むと落とし穴に引っかかって「キシシシ」とハンナ/バー…