カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

「金閣寺」三島由紀夫

同居人の蔵書より。最初は文章のあまりの韜晦っぷりに「よく眠れる本だなあウヒヒ」という感じで読み始めましたが慣れてくると大丈夫。むしろ計算と推敲を重ねた名文といえます。その名文でひとりの屈折した男の心情を微に入り細に入り描き倒すさまはまさに圧巻。一人の人間の内面をここまで精緻に創造するのは並大抵のことではないでしょう。三十歳そこそこでこの文章力。三島由紀夫はヤバいッスね…。