カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

「殺戮にいたる病」我孫子武丸

殺戮にいたる病 (講談社文庫)
健全で平明な文章で語られる、世にも凄惨な連続殺人の物語。最初は内容の病み方に反してあくまで健康的な文体に物足りなさを感じ、最初の何ページかを読んだだけで放り出してましたが、思い立って最後まで読んでみると…!おおっとこれ以上は言えねえ。ホラーとしては文章が健全すぎるし、ミステリーとしては最初から犯人の名前が判っているので本格ではないし、かと言って「刑事コロンボ」みたいな倒叙モノでもなさげだし、と物足りなさを覚えつつも引き込まれて最後まで読んでみると…!いやこれ以上は言えねえ言えねえ。とにかくミステリー読んで久しぶりに背負い投げ喰らったような気分でした。傑作です。