カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

「アクロイド殺し」アガサ・クリスティー

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
というわけで読みました。前にも書きましたが超有名なこの作品、ネタバレしてない状態で(あるいは模倣作を読んでない状態で)読むのが非常に難しいという作品でして、オイラも例に漏れず大いにネタバレした状態から「ミステリの歴史的に意義のある作品だからのう」という理由だけで読み始めました。読む前からもう作者の手のうちは見えているわけで、事件が起こってからしばらくするまでは正直まだるっこしかったです。ええ。
しかし中盤、エルキュール・ポワロが容疑者全員を前にして「てめーら全員隠しごとしてんじゃねえぞコラ!」とブチ切れるあたりから、作者が周到に用意したサスペンスに引き込まれ、終盤は凄みすら感じるポワロの謎解きに引き込まれて一気に結末まで読了。トリックだけが云々されがちなこの作品ですが、それを最も効果的な形で成立させるように構成した作者の巧みさは、もっと賞賛されて然るべきでしょう。
ちなみに、フェアか?アンフェアか?この作品に常に付いて回る常套句ですが、オイラは完全にフェアだと思います派。