カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

棄本日記2007/10/06

本を買った日記はよくありますけど、本を処分した日記は見たコトないので以後こころみに記録してみることにします。


・映画宝島「怪獣学・入門!」
重版本を持ってたのですが、さる筋から初版本を入手したのでこっちは古書店へ。重版本からは、初版にあった某特撮番組の12話に関する記事が削除されています。


晩年 (1953年) (角川文庫)

晩年 (1953年) (角川文庫)

これは同居人と自分の分がダブっていたので一方を古書店へ。手元に残したのは新潮文庫版。理由は他の太宰の文庫と背表紙が揃ってるから。以上。

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)

これもダブりもの。定価160円と140円のものがあったけど、古書店に持ち込むのは奇麗な方をえらびました。

仮面舞踏会 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

仮面舞踏会 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

これもダブり。売る方は以前札幌市内の古書店で手に入れたやつ。手元に残すのは同居人の実家にあったやつ。こっちの版は杉本一文氏の表紙がこわいな…。

実写!!怪談百名所―恐怖のカン詰め〈2〉 (二見文庫―二見WAi‐WAi文庫)

実写!!怪談百名所―恐怖のカン詰め〈2〉 (二見文庫―二見WAi‐WAi文庫)

これ、はたして値がつくかどうか。内容は70年代にサラ・ブックスから出ていた、同じ著者による「実写!日本恐怖100名所」の焼き直し文庫化版。以前ネット通販で原本を手に入れたのでこっちは古書店へ。原本は日本の心霊スポット巡りの本のハシリですが、いま読み返したら原本と文庫版とで何本か記事が差し変わってるな…。差し替えられた記事は、「83:生きている呪いの人形」(丑の刻参りの行われた神社の実名が記載)「84:TVライトを浴びた幽霊」(ワイドショーの心霊特集でロケ中に女の幽霊の姿が出たという話)「85:たたりに支配された小島」(平敦盛首塚があるとされる小島の話)の3本。いずれも大阪、兵庫の記事ですね。差し替え後の記事はどうということのないごく平凡な怪談になってました。何らかの配慮でしょうか?ちょっと興味深い。

洋画ベスト&ヒット作全集 (講談社+α文庫)

洋画ベスト&ヒット作全集 (講談社+α文庫)

洋画の名作、ヒット作を、年代ごとに集めて紹介するデータ本。昔ネット環境が無かったころ、データベース代わりに使ってたものですが、いまは様々な映画データベースサイトができて、役目を終えて久しかったのでこれもサイナラ。古書店へ。

こっちは監督、シリーズ別に名作映画を紹介する資料本。これも同じ理由で不要になったので古書店行き。


島本和彦島本和彦ラジオ画報」2004年3月6日〜2005年7月30日
これは島本先生自身による同人誌ですな!ラジオ番組の収録ごとに書き下ろされたイラスト集。古今の漫画、アニメ、特撮を中心とした濃いいイラストが満載でファンにはたまらん代物と思われます。これは関係筋から頂いたものですが、同居人も同じ物を持っているのでダブった方を世に放流。しかしこれ、買い取ってくれるだろうか。



…というわけで浪漫堂さん、まいどよろしくお願いします。