カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

キル・ビルvol.2

キル・ビル Vol.2 プレミアム BOX [DVD]
監督:クエンティン・タランティーノ、主演:ユマ・サーマン。いやあvol.1は劇場で観たんですが個人的にvol.2の頃は著しく劇場離れがすすんでまして、今更ながら自宅で鑑賞したわけですが…いや渋いなこりゃ…というか地味?…シブ…ジミ…と微妙な感想の間をたゆたう感じの第一印象。そりゃまあしかたがない。vol.1のあのハデハデな内容、構成、アクション、衣装のあとですよ。そのあとにこういうジミシブなやつを持ってこられると正直肩すかし感は否めないですわ。タランティーノのマカロニ・ウエスタンや香港映画や日本映画に対する愛情は判った。その愛情を元手に今現在のメジャー映画のなかでそれを再現しようとする心意気は買う。しかし、続きもの映画として観た時に盛り上がりのバランスの悪さは否めない感じで、なんとなく残る観賞後の残尿感。そのへんのマニアックなこだわりは残しつつ、それを大衆性のあるバランスの取れた娯楽へ昇華したものが最新作の『グラインドハウス』ではなかろうか。ろーうか!というわけで『グラインドハウス』の感想次第でこの『キル・ビルvoi.2』の印象も変わってくるのではと思う次第。とか書いている間に上映終わっちゃったな。はは。