カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

タイ式マッサージ

デスクワークの毎日なのでどうしても首筋や背中の筋が凝ります。不思議と肩は凝らないんですけどね。あと自分はそれはもう見事な扁平足であるせいか、ちょっとした運動がすぐ足にきます。昨日も家事をこなしてたら背中に溜まって来た「揉んで欲しい」のシグナル。これが肩とか足裏であればちょっと自分で揉んだりストレッチしたりで事無きを得るのですが、背中だけはいかんともしがいたい。ちょうど左右の肩甲骨の間、少し下のあたりに筋肉の盛り上がりがあって、そこが「旦那、ここをほぐすと気持ちいいですぜ」と常日頃から訴えかけてくる箇所。うーん。まあ休みの日だし行ってみようか、ということで近所から歩いて10分ぐらいのところにあるタイ式マッサージの店に出かけてきました。


タイ式マッサージはいろいろコースがあって、指圧中心にコリをほぐしてゆくタイプと、アクロバティックな体位(ちょっとプロレス技っぽい)でストレッチ中心に行うのと2種類あるっぽいのですが、今回はなぜか自動的に後者の方がやってきて全身をバキバキにゆわされました。手足を持たれて全身を弓なりに反らせた状態で腰をぐりぐり踏まれたりとか、新手のロメロスペシャルみたいな吊り天井状態になったりとか、首ではなくて両腕を持って行うキャメルクラッチとか、ひっくり返す前のスコーピオン・デスロックとか、そういう往年の新日を彷彿とさせる技を次々とかけられつつ、局所局所の筋が伸びるのでイタ気持ちよさに「ううっ」とくぐもった声が出ます。合間合間にきちんと指圧もしてくれますよ。基本的に身体は施術をする先生に任せっきりなのでグッタリとリラックスできます。あとは身体を好き放題こね回されるというマゾヒスティックな快感に身を任すがよろし。


60分の施術後は全身の筋を伸ばしまくられたという充足感と爽快感につつまれてしばし呆然。ああ、これはよいものだ。と死に際のマ・クベのような感想しか出てきません。帰り際にお茶を頂いてしばしマッタリ。実は今回2度目の体験なのですがこりゃもう完全にハマった感があります。多分月一くらいで通うようになる予感。あとやっぱりストレッチは基本的に気持ちのいいものなので自宅でもマメにやろうと思います。伸ばせ、筋!


蛇足ですが今日は休暇の最終日なので朝から『ダークナイト』を観るなど映画三昧で過ごしたいと思います。では!