読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

「動く家の殺人」歌野晶午

動く家の殺人 (講談社文庫)
歌野晶午の家シリーズ第三弾。前作「白い家」が消化不良気味でしたが今回はひねってきましたね。途中までは「これこのまま終わっちゃったら仏の顔カウントダウン二機目が死亡だなあ…」なんて舐めくさった考えで読んでおりましたが、そうは終わらず「ぬうう」と唸らす展開を見せたので良かった良かった。トリック云々とか論理とかというよりも、例の「あの」方法で攻めてきており、最後の急展開が鮮やか。そして読み終わってみると「動く家の殺人」というタイトルは余りにも豪快な○○○○○○○○○だと言う事が分かります。思い切ったことをする。なかなか面白かったです。ビシ!(親指を立てる音)