読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

お祓い

故あって北海道神宮にてお祓いを受けてきました。始めての経験であります。べつに厄年とかそういうのではなくて、まあ言わば舞台映画テレビなどで「四谷怪談」をやる場合、お岩稲荷へのお参りを欠かさない、というものと類似の事情と思ってください。というかもっと早く行っとけば良かったのに、とも思いますが、これから締め切りに向けてピーク中のピークに向かうタイミングだったのでこれもまたアリでしょう。


お祓い次第はポンポンと段取りよく進むもので、古式ゆかしく神主さんが祝詞を奏上し、巫女さんが神楽を舞い、という厳粛な雰囲気のもと執り行われたのですが…この厳粛な空気が危険です。自分にはこういう厳粛な空間に包まれると笑いの沸点が一気に下がるという不謹慎な癖があり、自らの結婚式のときもお供えにパイナップルが混じっていただけで爆笑の発作が起こりそうになったのを気合いでなんとかしたという経験があるのですが、今回はお祓いの途中で祓われている人が爆笑し始めたらこれはエクソシストみたいなことになるんではないかと思って、なるべく周りを見ないように見ないように心がけ、眼を閉じ、余計な笑いのキッカケを遮断する事でなんとか切り抜けました。よかった。ほんとうによかった。というか一体何の試練だこれは。


しかしまあ、お祓い後はなんとなく気分も晴れやかになり、天気も良く、周りは公園でチチチと鳥も鳴いております。今日はもう仕事はやめにしてここでビールのひとつでも…と悪魔のささやきがそっと心に忍び込んできましたが、そこはそれ、お祓いパワーでなんとかしてその後仕事にいそしみました。おわり。