読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

トリプル役満映画『天国と地獄』

天国と地獄<普及版> [DVD]
監督:黒澤明。出演:三船敏郎仲代達矢もう書いただけでトリプル役満くらいの破壊力。いやよしんば主演の二人がいなかったとしても、余りにも濃過ぎる共演者たちの存在と黒澤のスキのない演出のおかげで数え役満は確定。演出、演技ともに充実しきってまして、こんなのに振り込んだらボディーブローを食らったみたいにしばらく動けなくなるんじゃないか。初見時のオイラがそうでした。キャンのタマをわしづかみにされた感じ。容赦無し。というわけで15年振りくらいに二度目の鑑賞。


この映画の傑作っぷりはもうオイラごときが語るまでもなく、様々なところで魅力が語られまくっているのでググっていただくか、いやそんなことより最寄りのゲオなりツタヤなりに走ってソフトを鑑賞し実際にその面白さ、コクの深さを堪能して頂きたいと思います。前半の舞台劇のような緊迫した演出、いまでも語り草の列車内シーン、後半の警察の捜査のサスペンス、どこをとっても抜群の面白さです。日本映画の本気を凝縮した名作中の名作。ああ、もう書く事がなくなってしまった。なので個人的にツボだった箇所をピックアップ。


・新聞記者の中に大滝秀治っぽい人が混じってるな〜と思ってたら本人でした。当たり前ですが若い。若い大滝秀治書くだけで時空がゆがみます。
山崎努もこれまた若いのですが、どう考えてもいまの山崎努と顔面の骨格が異なっている気がします。何があった努。
・警察の捜査本部長として志村喬が出てますが、ほとんど台詞がなく、床の間の置物のような扱い。贅沢の極みです。
菅井きんが麻薬街の中毒患者という役柄でチラ出してますが、老け役でない菅井きんは貴重なのできんファンは必見。
・「怪奇大作戦」24話など、昭和特撮ファンには伝説の役者、大村千吉が出てたらしいですが、さすがに黒澤映画ではあの怪演を発揮するスキはなかったらしい。千吉!