読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

45倍辛

・今日は諸事情により会社をお休み。折しも札幌はこの日最高気温32度を記録し、こんな日こそ冷房の効いた仕事場でキリッと仕事にいそしみたいところであるが、実際は扇風機しかない自宅でウダッとしていたのであった。


・やはりこういう暑い日には辛いものがピッタリじゃろ…ということで、先日痔の快癒祝いとして同僚が送ってくれたLEE30倍辛カレーを食す。というか痔の快癒祝いとしてこのチョイスはどうなのか。シャレにしてはスパイスが効き過ぎてはいまいか。そしてこんな劇薬みたいな物を食べてオイラの菊は耐えられるのであろうか。といろいろ脳裏によぎるものがあったが、これはやはりホッペタに手袋を投げられたようなものと解釈。付属の45倍辛ブースターを投入して、はは、この挑戦余すところ無く受けてたつわ。みとれ。と果敢に食し始めたところ、辛いのは辛いのだが辛いを通り越して口中が激痛まみれ。一口ごとに氷水で口中を冷やさねば耐えられない。加えてオイラには辛過ぎる食品を口にすると足がムズムズして地団駄を踏みたくなる癖があるのだが、地団駄踏みたいのを通り越してベランダからI CAN FLYしたくなった。余りにも試練過ぎるので途中でギブ。カレーに冷たい生鶏卵を落とし、中濃ソースを掛け、混ぜ倒して熱いのを冷まし、刺激を緩和してようやく完食。食後も内臓が香辛料でヒリヒリしっぱなしで難儀した。このような修行にも似た経験をさせてくれた同僚にはいずれ知略の限りを尽くした返礼をせねばと汗だくになりながら思う。


・カレー完食後、ボンズを背負って吉田戦車の随筆集「なめこ イン サマー」を読む。吉田戦車の日本語感覚は相変わらずオリジナル過ぎておもしろ凄い。誰にも真似できないおもしろさ。


なめこインサマー (講談社文庫)

なめこインサマー (講談社文庫)