読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

デビッド・ボウイという説得力『プレステージ』

映画

プレステージ コレクターズ・エディション [DVD]
監督:クリストファー・ノーラン、出演:ヒュー・ジャックマンクリスチャン・ベールデビッド・ボウイ。19世紀のロンドン。二人の天才マジシャンが、上演中の事故をキッカケに反目しあい、あの手この手でお互いを潰しあった結果、最終的に開いた口がふさがらない結末になだれ込んで観客呆然という映画で、張りまくられた伏線が終盤で闇金の取立てのように回収されてゆくので痛快です。冒頭で掲げられた不可解な状況が、映画の進行につれて徐々に明らかにされてゆくという構成も巧みです。


ヒュー・ジャックマンクリスチャン・ベールというどう見ても仲良しになれそうもない二人が、トゥシューズに画鋲を突っ込むがごとき嫌がらせ合戦をマジシャンならではの芸の細かさで見せ合うあたりは大層心がすさむくだりですが、そのうち嫌がらせがエスカレートして洒落にならない領域にまで来てしまうのですさんだ心も段々ハラハラしてきます。


まあそういった本筋は面白い反面、二人ともマジシャンの割に変装がバレバレだったり、それゆえ捨て身の大仕掛けも何となく見え透いていたりして(これは演出も見え透いているのを判ってやってるよなあ)、ミステリ的な驚きは、まあ、その、何だ、宝くじの組違い賞もかくやの寂しさで、しかもガチガチのミステリマニアが観たら怒りのあまり泡を吹いて卒倒しそうな掟破りの種明かしもあって、観客のアゴは豪快に外れます。


この「掟破り」の部分ですが、SFならアリだけどもミステリーとしては言語道断のトンデモで、ここで多くの観客はキンチョールを吹かれたハエのような気分になると思われますが、しかしちょっと待っていただきたい。


この掟破りの仕掛けを開発した張本人として出てくるのが誰あろうデビッド・ボウイ。結構な爺様になられたハズの現在でも顔面がキラッキラしており、八百比丘尼もかくやの人智を超えた妖怪のようになっておられます。この人のフィルモグラフィを観てみると、『地球に落ちてきた男』(宇宙人)『ハンガー』(吸血鬼)『ラビリンス』(迷宮の魔王)と人間でない役がイッパイ。この映画の中でも、ビリビリはじける閃光の中からゆらぁり現れたりとその人外っぷりを遺憾なく発揮。問題のトンデモ仕掛けについては、並みの役者なら「ありえねーだろ!」となってしまうところですが「デビッド・ボウイが作ったんならそういうこともあるかもー」と思わせてしまいかねない危険な存在感です。この映画の最大の突っ込みどころが、デビッド・ボウイというキャスティング一発でなんとなく腑に落ちてしまう。この説得力はすごい。それを計算した上でのキャスティングに感動です。ボウイファンは必見。


地球に落ちてきた男[完全版] [DVD]

地球に落ちてきた男[完全版] [DVD]

ハンガー [DVD]

ハンガー [DVD]