読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

アシッドな魅力「江戸川乱歩の美女シリーズ」

映画

監督:井上梅次。主演:天知茂。70年代から80年代にかけて制作されたこのTVシリーズを、なぜか2010年代の今になってアシッドな感じで観まくっているオイラですがみなさまいかがお過ごしでしょうか。原作者、キャスト、監督が同一のため、どの話を見ても独特の雰囲気に統一されており、立て続けに何本か観てると何がどの話だったかが朦朧としてくるのでここにメモ。

  • 『赤いさそりの美女』

美女:宇津宮雅代。原作:「妖虫」。新作映画の主演女優候補者が次々と狙われます。全裸の美女の胸にナイフを突き立てたり、死体に花嫁衣裳を着せてショウウィンドウに飾ったり、うじゃらうじゃらと気色の悪い虫が大量に出てきたりと猟奇度は高ポイントをマーク。死体を真っ二つにして、風呂屋の煙突から下半身が、かまどから上半身が飛び出している現場など、やり過ぎ感あふれる見せ場がたっぷりです。犯人は明智に匹敵する変装の名人であり、あろうことか明智本人にも化けたりするもんですから「猟奇殺人者の眼つきをした明智」というにせウルトラマンもかくやの不審映像も見られます。ラストに美女役の宇津宮雅代が見せるキレキレの演技も必見。最後には明智の助手である文代(五十嵐めぐみ)が、自滅する犯人を見て「かわいそう」的な誠意のないまとめをつぶやきエンドクレジットに突入、という投げっぱなし感がまた味わい深いです。小林少年(柏原貴)の居ても居なくても差し支えない存在感も要チェック。

  • 『エマニエルの美女』

エマニエルの美女 江戸川乱歩の「化人幻戯」 [DVD]

エマニエルの美女 江戸川乱歩の「化人幻戯」 [DVD]

美女:夏樹陽子。原作:「化人幻戯」。この身も蓋もないタイトルは何ぞ!と思ったら脚本がジェームズ三木でした。推理作家の大家が催す犯罪研究の会に招待された明智と浪越警部(荒井注)。そのメンバーが次々と惨殺されます。推理作家の代筆疑惑という乱歩自身を連想してしまってやや気まずい題材と、その妻(夏樹陽子)をめぐる爛れまくった男女関係。この回は普段にも増してエロ度にターボがかかっており、中盤以降は妻の不倫懺悔独白という展開もあってあちらでウフンこちらでアハンと画面は水浸しです。あんたテレビでこんなんやっちゃっていいのか、と思うほどに濃厚なエロシーンの連発。タイトルの「エマニエル」とはこの妻の身持ちの悪さとエロさを表してのことかと思いますが、それにしたってそのセンスはどうかと。ちゃんと例の籐椅子が出てきているのは後ろめたくなったスタッフが気を利かせたのか。まああの当時のテレビ媒体ならタイトルに「エマニエル」と出てきただけで何かしらの期待を抱いてしまうのが当時の男のただしい反応ですので、視聴率アップには貢献しているかも知れません。最後は美女の夏樹陽子が大嫌いなカマキリの群れに襲われて発狂。ウフウフウフフと笑いながら手作り感あふれるカマキリのプロップを全身にまぶす、という女優根性を試されるシーンで、それを見て助手の文代が「哀れだわ…」と微妙なパーマの髪型でヤル気のないまとめを発言しエンドクレジットに突入、という流れはさすがです。小林少年は「いないよりはマシ」くらいの貢献度です。

  • 『白い乳房の美女』

美女:片桐夕子。原作「地獄の道化師」。やはり身も蓋もないタイトルで、これはもはやスケベな男を釣り上げる釣り針そのものでしょう。事件の中心にいる女の乳房には大きなホクロがあり、コレが事件の鍵となるのですが、このホクロの付け方がテキトーなので入浴シーンで剥がれそうになっており乳房よりもそちらのほうが気になります。この乳房については質量ともに申し分ないのですが、肝心の本体が美女と呼ぶには微妙な顔面でつらい。とはいえ話の性質上この人は「地味」「暗い」「魅力に乏しい」「モテない」「幸薄い」という役柄なのでキャスティング及び演技プランとしては大正解なのですが、美女と言い張ってタイトルロールにしてしまうのはどうなのか。釣り針としては高性能ですが釣られた男の心境は複雑です。美女役としてはもう一人、岡田奈々が出てきますがこちらは脱ぐどころか入浴シーンなども一切なし。けしからん。また容疑者の一人として蟹江敬三が登場し、中だるみしがちな中盤の展開を独特の怪演で妙なテンションに叩き込むのでさすがの天知茂も困り顔です。最後、追いつめられた犯人は動機をせつせつと告白したあげく自害して果て、気まずそうに現場から撤収する明智とその助手たち。車に乗り込んで助手の文代が「犯人の気持ち、判るわ…」と適当なまとめを口走ってエンドクレジット突入、という流れはかたくなに守られておりますが、そこまでして守る必要がなぜあるのか。小林少年は今回全く活躍の場がなく「ああ、いたのか」程度のおぼつかない存在感で給料の査定に響くレベルでした。



『さそり』は見所が多く力作の部類。『エマニエル』はエロスが全編に炸裂する異色作ですがこれも見所多し。『白い乳房』は若干弱いですが蟹江敬三に救われた感あり。しかし3本とも見事なまでの見世物主義に徹しており、独特のチープさも相まって他に比べるものがないオリジナルな世界が作られております。癖になるなこれは…。CSでの放送はまだまだ続きそうなので引き続きワッチンする所存です。