カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

水増し部分をあえて味わってみる『ザ・カー』(1977)

ザ・カー [DVD]

 

 

監督:エリオット・シルヴァースタイン。主演:ジェームズ・ブローリン。アメリカはユタ州、砂漠のど真ん中の田舎町サンタ・イネスにある日突然黒くてイカツい乗用車が出現。サイクリングを楽しむチャラいカップルやヒッチハイクで旅するボンクラ大学生を次々とはね飛ばして血祭りにあげます。そこの保安官ことジェームズ・ブローリンは道路封鎖をするなどして車を追いますが神出鬼没の奴は突如警察署の真ん前に出現。あろうことかまろび出た署長を華麗に轢き殺すのでした。怒り心頭の保安官たちは必死の捜査を始めますが、目撃者のネイティヴ・アメリカンの老婆いわく「その車には誰も乗っていなかったのじゃ…」はは。まさか。といぶかしむ間もなく車は保安官の恋人と娘に迫り…。

 


幼少のころから気になっていた映画ですが、ある日Huluの新着映画をチェックしていたら突然現れたのでビビりましたね。一体なぜ今?どういうわけで?さっぱり判りませんがこれは何かの間違いではと思うほどの唐突さだったので思わずピピッと再生してしまったわけです。

 


妙に画質がいい。いやそれはいいのですが、70年代アメリカ映画を強く感じさせる乾いた映像と風景、埃っぽさがいい感じです。映画の本筋としては正体不明の黒い乗用車が、何の説明も動機もなくぽんぽん人をはね殺していくという不条理ホラーで、次第に「運転者不在」「銃が通じない」「ドアに取っ手がない」などの異常スペックが判明していき、なおかつ「現れる時は不吉な風が吹く」「墓地にはなぜか入れない」などの事実から「こいつ実は悪霊なんじゃね?」と正体が推定されていくあたりのサスペンスがなかなかよろしい。

 


この手のホラー映画の特徴として「大して面白くもない人間ドラマでの尺水増し」が挙げられますが本作もその例に漏れず「娘二人をかかえて再婚を迷っている男やもめの保安官」「再婚後、連れ子と上手くやっていけるか自信がない女教師」「DV親父とそれに耐える母子」「それを傍から見守る警察所長(元カレ)」といったものすごくどうでもいい人間ドラマが展開され、手堅くフィルムの尺を稼いでいきます。ご本尊のカーについては出自も動機も全く描かれずブンブン人をはね殺すだけの殺人車としていっそいさぎよい説明の省略に反し、この人間ドラマ部分の果てしなき蛇足っぷりはどうだ。むしろここは敢えて味わっておくべきところではないのか。というわけで「ホラー映画の本筋に関係ない水増しドラマ部分をあえて愛でる」という新しい観方を思いつくなどしたわけですが虚しさもまた格別です。

 


この映画については、意外とこの水増し部分が見られるというか、キャストも実力派が揃えられていてなかなか味わい深い。主人公のジェームズ・ブローリンは髭面も男らしく、頼れるパパっぷりがステキ。関係ないですがこの人一時期ジェームズ・ボンド役の候補だったそうでマジですか。相棒のヘタレ保安官にロニー・コックス。『脱出』で冒頭のバンジョーバトルやってた人ですね。この人の保安官にあるまじきヘタレっぷり(恐怖のあまり隠れて酒を飲むなど)がまた順調にフィルムの尺を稼いでいきます。終盤意外なところで活躍するDV親父にR・G・アームストロング。またこの人が無駄にうまい。最後に協力を要請されたときの嬉しさと腹立ちが混ざった複雑な表情はなかなか並では出ません。その他、ネイティブ・アメリカンの保安官を演じたヘンリー・オブライエンも重厚な存在感です。

 


そんな水増しもなんのその、理由なき殺戮を繰り返すカーですが、逃げた女性を家ごと轢き殺したり(このシーンはなかなかの迫力)、保安官の家のガレージにそっと忍び込んで待ち伏せしたりと手口がエスカレートしていきます。決着を着けるべく、カーを断崖絶壁に追い込んで爆破しようと目論む保安官たち。このあたりも「微妙に起爆装置のケーブルが足りない」「DV親父がうっかり転ぶ」などの小技でサスペンスが積み上がっていきます。保安官の捨て身の活躍があって哀れカー君は崖下に落下、そこをダイナマイトでこっぱミジンコの憂き目に合うのですがこの爆発炎上シーンの迫力はちょっとすごい。この炎の中に一瞬悪魔のような顔が浮かび上がり、凄まじい断末魔の声がかぶさるのですが、CGなど無かった時代ゆえに逆にどう撮っているのか謎、という大迫力のビジュアルでした。このカットの存在だけで映画の格が2ランクぐらいアップしている感があります。

 


このような壮絶な決着ながら、はたして悲劇は本当に終わったのだろうか。むしろ本当の悲劇はここから…というこれまたホラー映画独特の後味を忘れておらず大変好感が持てます。いやーHuluにはええもん見せてもらった。この調子で70年代の微妙なホラー映画(『デアボリカ』とか『ザ・ショック』とか『ドッグ』とか『クラッシュ!』とか『家』とか『オードリー・ローズ』とか『スクワーム』とか)をバンバン配信して頂きたいものです。少なくとも俺得です。以上、よろしくお願い致します。

 

 

デアボリカ HDマスター版 [DVD]

デアボリカ HDマスター版 [DVD]

 
スクワーム -HDリマスター版- [Blu-ray]

スクワーム -HDリマスター版- [Blu-ray]