読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

血管が詰まりそうな濃さ『柳生一族の陰謀』(1978)

監督:深作欣二。出演:萬屋錦之介千葉真一。徳川二代将軍秀忠が食あたりでぽっくり急逝。しかしあまりにぽっくりなため次期将軍の指名がまだなのでした。長男の家光(松方弘樹)は生まれついての痣と吃音のために人気も人望もなし。反して次男の忠長(西郷輝彦)は容姿端麗で器も大きく人望バチシ。実は秀忠の死は跡目争いに焦った家光派が先走った結果の毒殺だったのです。家光の剣の指南役であった柳生但馬守宗矩(萬屋錦之介)は彼らの陰謀にぬるっと加担。家光を将軍にし、自らは将軍の剣術指南役に収まって柳生家の安泰を得ようと暗躍を始めるのでした。

 

 

ヨロキンの台詞回しに注目

 


衝撃的な結末と、流行語にもなった「夢でござる〜ッ!」のセリフであまりにも有名なこの映画。そのためオチを知ってから観てしまったのですがそれでも十分過ぎるほど面白かったですねえ。もう出てくる役者が揃いも揃って濃い。主演の萬屋錦之介千葉真一のあまりにも濃すぎる親子役をはじめ、松方弘樹、高橋悦史、室田日出男夏八木勲芦田伸介山田五十鈴原田芳雄大原麗子金子信雄梅津栄成田三樹夫、トドメに三船敏郎丹波哲郎という二日目の鍋のような濃さ。なんですかこのミルフィーユみたいな層の厚さは。マニアックな焼肉屋のメニューの如きこの面々のぶつかり合いをみているだけでもう眼福という、あまりにも高役者力を誇る映画です。

 

 

f:id:casinoroyale:20170118115510j:plain

この眼光!

 


どの顔を取っても濃すぎる目張りとメイクのせいで目つきがギラギラしておりカロリー高いのですが、そんななか際立っているのはJACの面々を引き連れて右にジャンプ左にズバと立ち回る千葉真一柳生十兵衛と、白塗り・ポチ眉・おじゃる言葉の嫌味な公家のくせに実は剣豪という狂った設定がサイコーな成田三樹夫。とくに白塗りでまろまろ言いながら太刀をぶん回す三樹夫のインパクトは絶大で、従来の「公家=戦闘力ゼロ」という先入観をぶち壊してくるこのキャラの立ち具合。しれっと「隠れても獣は臭いでわかりまするぞ」などとイカす台詞を吐いて強烈な印象を残します。

 

 

f:id:casinoroyale:20170118120134j:plain

もう最高

 

 

こういうとき不利になりがちなのは初々しい若手ですが、柳生十兵衛の妹役の志穂美悦子はいつもどおりの可愛さにアクションのキレですし、まだ十代の真田広之はりゅうちぇるのような赤いほっぺから溢れ出すフレッシュ感でこれはこれで。マニアックなところではモブの中に若い頃の小林稔侍が混じっているのですが頭半分が傷でハゲている上に時折そのヅラが取れかかっていてガンバレ稔侍です。

 

 

f:id:casinoroyale:20170118115417j:plain

ういういC

 

 

(以下ちょっとネタバレ)あとはなんと言っても萬屋錦之介(以下ヨロキン)の力み返りっぷりで、周囲との芝居の調子が全くかみ合ってないにもかかわらず重厚な歌舞伎調を貫き通す姿は別の意味でスリリング。しかしそのような暴走芝居もヨロキン自身の重厚なたたずまいと目張りで出力アップした眼力で説得力を失っておりません。ラストシーンの「夢でござる〜ッ!」を見るにつけ、ああ、これまでの芝居がかった台詞回しは全部このシーンへの布石だったのだな、ということが判るとなお味わい深い。ここのヨロキンはもはや伝説の域でしょう。よく見るとあれだけのたっぷりとした演技をしながらも目の焦点をずらせての錯乱顔。それまでの岩のような威厳を自らガラガラと突き崩す壊れっぷりで、生首を抱きしめて絶叫という絵面のインパクトもあり、そのギャップに観客も呆然という凄いシーンでした。

 

 

f:id:casinoroyale:20170118114523j:plain

メイク濃いめのヨロキン

 


必ずしも役者の演技とは自然であるべきではなく、ときに暴走をしてまでも迫力や存在感で観客をねじ伏せに行くこともあると。我々観客も普段は青汁とか飲みつつたまには脂びっしりのラーメンを食べたくなることもあるわけで、そういう特濃の役者力を堪能したい方にはまさにうってつけの一本。いやーすごいもん観たね。

 

 

 

柳生一族の陰謀 [DVD]

柳生一族の陰謀 [DVD]

 

 

『007 スペクター』雑感(ネタバレあり!)

007 スペクター (ムビチケオンライン券)

 

監督:サム・メンデス。主演:ダニエル・クレイグ前回のネタバレなしでの感想に続き、長年のファンの目から観たアレコレをシリーズのお約束事を踏まえながらつらつら書いてみたいと思います。ネタバレありありなので未見のかたは要注意。

 

 

続きを読む

『007 スカイフォール』雑感(ネタバレあり!)

映画

007/スカイフォール [Blu-ray]

 

(以下は2012年の公開時に、ネタバレありの雑感としてしたためていたものですが、その後アップもせずうやむやになってました。『スペクター』の感想を書いてたらそのときのメモがひょっこり出てきたので、ちょっと手を入れて晒します。ちょうど今夜、地上波での放送もあるしね!)

 

 

続きを読む

円熟のボンドと終焉の予感『007 スペクター』(ネタバレ無し編)

映画

「007/スペクター」オリジナル・サウンドトラック

 

監督:サム・メンデス。出演:ダニエル・クレイグクリストフ・ヴァルツ。開巻早々にメキシコで大騒動をやらかすボンドちゃん。上司のM(レイフ・ファインズ)は「ちょっと君やり過ぎ。おかげで00課が存亡の危機なんだよ。停職な!あとメキシコ行けなんて言ってないけどいったい何やってんの?」と怒り心頭です。しかし涼しい顔で受け流すボンド。彼にはMの命令を無視してまでも動く理由があったのです。今は亡き先代のM(ジュディ・デンチ)が残したビデオメッセージを元に、彼はある男を追っていたのでした。マネーペニー(ナオミ・ハリス)とQ(ベン・ウィショー)をガンガン巻き込みながら、男を追うボンドの前に現れたのはある謎の組織で…。

 

 

続きを読む

ストイックなのが玉にキズ『ジョン・ウィック』

映画

JOHN WICK

監督:チャド・スタエルスキ。主演・キアヌ・リーブス。愛する妻に先立たれたジョン・ウィックさん(キアヌ)は寝ても覚めても悲しみにくれていましたが、生前の妻が「あなたには愛する対象が必要よ。車じゃダメ」と贈ってくれた子犬を唯一の慰めとして立ち直ろうとします。がそこは好事魔多し。ジョンの愛車の69年型ムスタングに目をつけたロシアン・マフィアのバカ息子が夜中にジョンを急襲。犬を殺して車を奪うのでした。これを知ったマフィアの親分の父ちゃんは「このバカタレが!」と息子をボコにします。「あの男はなぁ…」そうです。ジョンさんは元「殺し屋を狩る殺し屋」という古今ケンカを売ってはいけないランキングの永世首位みたいな人だったのです。父ちゃんが頭を抱えバカ息子がポカンとしている一方で、ジョンさんは地下室に秘匿していた武器の封印を解いて…。

 

続きを読む

マナーが人間を作るんですよ『キングスマン』

映画

KINGSMAN: SECRET SERVICE

 

監督:マシュー・ヴォーン。主演:コリン・ファース、タロン・エガートン。高級紳士服のテーラーであるコリンさんは仏頂面と眼鏡が似合う嫌味たっぷりな英国紳士ですがそれは表の顔。実は正義の為に暗躍する組織「キングスマン」のエージェントなのでした。しかしある任務中キングスマンに欠員が出てしまいます。そこでコリンさんは命の恩人の息子であるタロン君を一流のキングスマンにすべく仕込み始めるのでしたが、彼は秘めた才能を腐らせたままボンクラ生活を送っており…というお話。

 

続きを読む

もっと観たい!『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』

原作:杉浦日向子。監督:原恵一。声の出演:杏、松重豊。江戸時代の絵師、葛飾北斎は今や世界的に有名な歴史上の人物ですが、その娘のお栄(葛飾応為)もまた非凡な絵師なんだぜ、という史実をもとに、この親子とそれを取り巻く人々、江戸の風俗、そして怪異を描いたのが杉浦日向子の原作。それをお栄と、その妹で盲目のお猶(なお)を中心にすえて一本の映画として再構成したのが本作ですね。もともと杉浦日向子の原作が好きで繰り返し読んでおり、このたび映画化されると聞いて期待と心配半々で待ち構え、公開と同時に飛びついてみたわけでございますね。原作と違って主人公のお栄が美形に変更されていたりとか、オリジナルストーリーがだいぶ入っているとか、いろいろ不安要素もあったわけですが…。

 


映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』新予告編 - YouTube

 

 

続きを読む