カジノロワイヤルの手帖

banの映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

最近観た映画のメモ(2024年5月)

GW中に観た映画の感想を今ごろアップです。遅い!

 

 

 

攻殻機動隊』(1995)監督:押井守

 

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 4Kリマスターセット (4K ULTRA HD Blu-ray&Blu-ray Disc 2枚組)

 

20年ぶり4回目くらい。上映時間がかなり短く、公開時に観たときは「あれ?これで終わり?」と物足りなかった思い出。しかしその後世界的な影響力を誇る古典になり、自分の観る目のなさを思うなど。

 

 

 

野獣死すべし』(1980)監督:村川透

 

野獣死すべし 角川映画 THE BEST [Blu-ray]

 

これも20年ぶり4回目くらい。松田優作村川透が撮り続けてきた東映セントラル・フィルム路線の極北。幽鬼のような松田優作と前衛的な演出が語り草ですが、狂犬のような鹿賀丈史を忘れちゃいけない。

 

 

 

機動警察パトレイバー the Movie』(1989)監督:押井守

 

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

 

10年ぶり、もう何回目だか。これは劇場公開時に故郷の映画館で『魔女の宅急便』の併映で観たのが最初。せっかくだし観とくか〜くらいのノリだったのに観終わったら大変トクした気持ちになりました。今観ても、テーマ性、作家性とエンタメとしての充実度が高次元で織り上げられた傑作だと思います。

 

 

 

『回路』(2001)監督:黒沢清

 

回路 [DVD]

 

23年ぶり二回目。全編が心霊写真みたいな不吉さ。

 

 

 

『アナザーラウンド』(2020)監督:トマス・ヴィンターベア

 

アナザーラウンド(Blu-ray+DVDセット)

 

初見。人間つねに酒を入れてほろ酔い状態(比喩でなく)にしとけば、気持ちも大きくなりリラックスできて人生うまく行くんだぜ。という珍仮説を実行に移した、中年の危機を迎えている教師4人。最初はうまく行ったものの、アルコールが相手なので当然コントロールができなくなってくるわけです。私も同じような年代でありとても人ごととは思えません。ストレスの強い仕事を終えて一杯やり、ずっと張り詰めていた精神がアルコールによってほぐされていく感覚に他では得られない癒やしを感じている自分にとっては、強く共感すると同時に大変危険な映画でもありました。真似しちゃだめよ!

最近観た映画のメモ(2024年4月〜5月)

いろいろ観たり読んだりしてますが感想書くのが追いついてないのでした。

 

 

 

ゴジラ×コング 新たなる帝国』(2024)監督:アダム・ウィンガード

 

 

まだまだ現在公開中。うひひひひひ。なんだこれ!こういうの大好き!昭和後期のゴジラ映画のお子様向けゆるゆる部分を抽出精製してこんにちの映像技術と演出力と資金パワーで煮詰めたら出来てしまった突然変異の傑作。

 

とにかくコロコロかチャンピオンかという少年漫画ノリを通し、昨日の敵が今日の友となっていけ好かない敵を今から一緒にこれから一緒に殴りに行こうか、という激アツ展開をこともあろうにゴジラとコングが繰り広げているという異常事態です。また敵役の巨大猿が少年漫画の姑息な敵みたいな憎たらしさで、そいつがゆらりと立ち上がる様子を心の目でみるとクロワッサンみたいなリーゼントとギラギラの特攻服がオーバーラップし背景には「!?」の写植すら浮かんでくるというマガジンみたいなヤンキーまんが感。目的を見失って殴り合うゴジラとコングを「よしな!」と仲裁するモスラ姐さんはスケバンの風格。舎弟ポジションの子供コングもいたりして、たまさかのヤンキーまんがまつりが2024年の今現在劇場に降臨、という大変な事になっていました。

 

かと思えば、冒頭コングが虫歯で苦しんでいるのを人間がいつの間にか用意していた珍兵器で治療して差し上げるなど、ウルトラマンタロウもかくやの第二期ウルトラシリーズノリも炸裂しており、往時を知るおっちゃんたちほどあの頃を思い出してニヤニヤが止まりませんね。

 

 

 

ジャッカルの日』(1973)監督:フレッド・ジンネマン

 

ジャッカルの日 ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]

 

20年ぶり4回目くらい。しびれるドキュメンタリータッチと仕込み銃のギミック。相前後して原作も読みましたが、だいぶ原作に忠実だったものの、映画のほうがリアリズムが強いですね。原作の方はジャーナリスティックな題材を扱いつつ、意外と古典的なサスペンス感があります。

 

 

 

 

うる星やつらビューティフル・ドリーマー』(1984)監督:押井守

 

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [デジタルリマスター版] [Blu-ray]

 

20年ぶり。もう何回観たか分からない。今観ると特撮パロディとか第三帝国ネタとか危険な描写が多いですが、当時のオタクのノリが忠実に出ているとも言えます。そこに加えられる寺山修司もかくやのシュールレアリスム。当時のオタク趣味と前衛とエンターテインメントが奇跡的なバランスで合体した名作です。星勝の音楽も良いですね。エンディングテーマの「愛はブーメラン」にはアレンジに当時のヒット曲「情熱物語」(ドナ・サマー)の面影を感じるなど。

 

 

 

 

『フライングハイ』(1980)監督:ジム・エイブラハムズデヴィッド・ザッカー、ジェリー・ズッカー

 

フライングハイ デジタル・リマスター版 [Blu-ray]

 

30年ぶり2回目。おなじみZAZの出世作アメリカでは半ば古典化しているナンセンスギャグ映画ですが、日本人にはある程度文化的な前知恵がないと全部面白がるのは難しいかも。とはいえちゃんと理解できるしょうもない(褒めてる)ギャグも盛り沢山なので楽しめます。後半出没するやたら軽快な身のこなしの変なオジサンがジワジワくる存在感。

 

 

 

『赤い影』(1973)監督:ニコラス・ローグ

 

赤い影 <4Kレストア特別版>Blu-ray [Blu-ray]

 

初見。美しいベネチアの町並みと、素晴らしい色彩の映像美。美しさと恐ろしさを同時に表現するあまりに鮮やかな赤。画面のどこかに血のような赤をみつけるたびに怖く、しかし見つめずにはいられない吸引力。

最近観た映画のメモ(2024年4月)

きのうゴジキンも観てたいそう面白かったんですけど、感想は後日に。

 

 

 

グレムリン』(1984)監督:ジョー・ダンテ

 

グレムリン [Blu-ray]

 

初見。発明狂の父ちゃんがチャイナタウンで買い求めた謎の動物「モグワイ」。大変可愛らしいのですが決して破ってはいけない「モグワイ飼育三つの掟」があるのでした。いわく「光に当てない」「水をかけない」「真夜中を過ぎたら餌をやらない」さもなければ…という掟をきちんと守る映画があるわけもなく、モグワイは増殖して凶悪なグレムリンと化しクリスマスの街で暴れまわるのでした、というお話。

 

1984年公開ですから、映画におけるCGはまだ黎明期ですらなく、いわゆるアナログな特撮(SFX)の全盛期。その技術が極まりかかってたころの映画なので特撮はたしかに凄い。CGとはまた違う質感と、アナログの技術を凝らした匠の技が光ります。モグワイの豊かな表情や目の演技は必見。恐るべき手間がかかってます。今じゃこういうクリーチャーは全部CGで作っちゃう時代になって久しいですが、アナログのこの実在感はCGには出せない「ならでは」の味でしょう。こういう技術っていま継承されてるんですかね。ロスト・テクノロジーにならなきゃいいけど。

 

劇中、やたら外国製品を目の敵にしている退役軍人がいたり、モグワイがチャイナタウンの出だったり、暴れまわるグレムリンがスラムの黒人っぽかったりと、なんとなく当時の文化摩擦を匂わせる描写があってどうしてもそういう点は深読みしてしまいますが、扱いがあまりに無邪気すぎるのであんまり深く考えずに入れたんだろうな〜、と怒る気も起きません。現在なら炎上しちゃって一大事でしょうが当時SNSなんてものはある訳もない。大ヒット映画にもかかわらずリブートの話がとんと聞かれないのはこういう文化的、人種的摩擦を投影しやすい題材だからではないでしょうか。

 

クリスマスの夜の騒動、という点でちょっと既視感があるな〜と思ってましたが、脚本がクリス・コロンバスで、ああこれがのちの『ホーム・アローン』に発展してくのか、と妙に納得。それとフィービー・ケイツはとてもカワイイですね。ただ娯楽映画としてはちょっとゆるい出来で、これがあの悪ふざけ極まるド怪作『グレムリン2 新・種・誕・生』の前作なの?と拍子抜けしましたが、まあいきなり2を観てしまった私がどうかしているのでしょう。

 

 

 

 

ブルース・ブラザーズ2000』(1998)監督:ジョン・ランディス

 

ブルース・ブラザース2000 [Blu-ray]

 

初見。前作のドタバタから18年。出所したブルース・ブラザーズの片割れエルウッドは兄弟であるジェイクの死を知らされます。一人路傍でうなだれるエルウッドの姿が寂しく悲しい。しかしいろいろあって新しい相棒に孤児のバスターとバーテンのマックを得て、ブルース・ブラザーズ・バンドを再結成するべく散り散りになったかつての仲間を探して騒動をまきおこし…という話。

 

もはやカルト映画となった前作『ブルース・ブラザーズ』ですが、その魅力の大きな部分を担っていたジョン・ベルーシがもうこの世にいないだけにその穴は埋め難く、観ながらここにベルーシがおったらなあ…と無いものねだりをしてしまうのは仕方ないでしょう。とはいえ、前作の登場人物が故人以外全員再登場しているのがうれしく、みんなそれなりに歳をとってますけどまあよくぞ集まってくれた、と同窓会的なうれしさがあり、またちょっとしんみりします。

 

ただ映画としては全然まとまってなくて、エルウッドと孤児の心の交流とか、死んだジェイクへの追慕とか、そういうあって然るべき要素がごっそり抜け落ちてたり、ストーリーの軸にも前作での「孤児院の存続の危機」というような切迫感がなく、最後なんか黒魔術の女王が魔法でなんとかしちゃうぜみたいな適当さで、それでええんか。という気になってしまいそうなところですが…。

 

しかし、最後の対バン対決でライバルとして登場する地元の素人バンドが全部持ってっちゃいました。エリック・クラプトンB.B.キング、ボ・ディドリー、スティーブ・ウィンウッド、アイザック・ヘイズ、グローヴァー・ワシントン・ジュニア、ドクター・ジョンビリー・プレストン、そのほかブルースの重鎮たちが一同に会して繰り広げる一大ジャム!とくにB.B.キングは堂々の貫禄とシャウトでもうサイコー。あのクラプトンもキングの迫力に当てられたのか緊張の面持ちです。こういう豪華にもホドがある顔合わせを見せられたのでもう細かいところはどうでも良くなっちゃった。仮にあなたが草野球の大会に出たとして、来た相手が大谷とイチローと野茂と掛布とバースと王と長嶋だった、という場合どうか。もう試合とか結果とかそんなことはどうでもいいでしょう。そういうことです。

 

というような力技でねじ伏せに来る映画で、そういう意味では大満足。ジェームズ・ブラウンアレサ・フランクリンを始め、ここに出られてるミュージシャンの皆様もだいぶ鬼籍に入られてますし、今となっては貴重な映画でした。

 

 

 

 

 

大脱走』(1963)監督:ジョン・スタージェス

 

吹替シネマ2023 大脱走-60th ANNIVERSARY 日本語吹替音声完全収録 4K レストア版- [Blu-Ray]

こんな「わー」みたいは場面はないですが

 

初見。いやーこれは懐かしい。小学生のころ「大脱走マーチ」を音楽の時間に縦笛で吹いた思ひ出。これってよその学校でもやってたんですかね?先生の趣味?

 

第二次大戦中。ドイツ軍の捕虜収容所にまた新顔が送られてきます。新顔と言っても脱走の前科だらけの曲者ばかりでした。キリがない脱走に手を焼いたドイツ軍は常習犯どもを一箇所に集めて厳重な監視下に置きます。しかしそんなことぐらいじゃへこたれない猛者どもはさっそく計画を練り、前代未聞の250人脱走を企てるのでしたが…というお話。

 

脱走するやつらが、スティーブ・マックイーンジェームズ・ガーナードナルド・プレザンスリチャード・アッテンボローチャールズ・ブロンソンジェームズ・コバーンデビッド・マッカラムと、んまあどいつもこいつも曲者揃いで、こんな人の言う事などいっこも聞かなさそうな連中が大人しく収容されているわけもありません。義務と権利のように脱走を企てるのでした。この不屈の姿勢がじつにいい。腐らずクヨクヨせずただ自由を求めて前を向く姿がカッコいいのです。

 

しかし250人規模の脱走とあっては計画もまた大きく、トンネルを掘る、逃走用の服をちくちく縫う、身分証を偽造する、などの細かいワザをみせ、それぞれ専任のエキスパートが揃っていたりと人材も充実。それをドイツ軍の監視をかいくぐってコツコツやってくあたりに面白みがあります。みていてだいぶ牧歌的というか、ドイツ軍もちょっと監視の目がゆるくない?なんて思っちゃうのはいろいろ世知辛い現代の視点だからでしょうね。

 

かくていろいろあったものの脱走は一部成功。76人まで脱走に成功した所で計画が発覚してしまいます。ここからは脱走した連中がいかにドイツの捜査網をかいくぐって逃げ延びるかに話が移り、鉄道、自転車、ヒッチハイク、バイク、船など各人散り散りになっての逃避行。マックイーンがバイクで平原を駆け抜ける有名なシーンもここですね。

 

男同士の友情の物語としても熱く、独房仲間を殺されて脱走計画への参加を決意するマックイーン、トンネル掘り師なのに実は閉所恐怖症で(えっ?)挫けそうなところを仲間に励まされるブロンソン、偽造仕事で目を酷使して失明してしまったドナルド・プレザンスが足手まといとして見捨てられそうになったところを、俺がついていくから!とかばって以後ずっと寄り添うジェームズ・ガーナーなど、細かい所で描かれる友情がたいへん熱いのです。しかしドナルド・プレザンスがお姫様ポジションの逃避行ってすごいな。余りに貴重すぎないか。

 

脱走に成功するのはほんの一握りで、殆どは捕らえられたり殺されたりします。しかしそこでウェットに嘆かず、ふてぶてしく次の計画を匂わせるあたりがカラッとしててとってもいいですね。あっという間の3時間弱。不屈の男たちの傑作でした。

最近読んだ本のメモ(2024年4月)

最近、読みたい本が手に入りにくくなってる気が…。

 

 

「毒入りチョコレート事件」アントニイ・バークリー創元推理文庫

 

毒入りチョコレート事件 (創元推理文庫)

 

20年ぶりくらい2回目。6人の好事家によって示される事件の6通りの解決。一つ解決が開陳されるごとに、事件のあらたな一面が明らかにされ、次第に隠れた真相が見えてくる…という凝った趣向。100年も前にこういう前衛ミステリが書かれていたというのはなかなか凄く、近年バークリーの他の著作もつぎつぎ訳され読めるようになってるので、これはぜひ他のも…と思って探したら他の代表作「第二の銃声」も「試行錯誤」も品切れでプレミア価格とは…。ぐぬぬう。

 

 

 

 

 

「探偵小説の鬼 横溝正史:謎の骨格にロマンの衣を着せて」(別冊太陽)

 

探偵小説の鬼 横溝正史: 謎の骨格にロマンの衣を着せて (313;313) (別冊太陽)

 

初読。ムック本ですね。横溝正史という稀代の戯作者の人物像と作品を、詳細な年譜と資料、関係者の回想で浮き彫りにする一冊。特に正史の御息女、お孫さんによる回想録が貴重で、正史と乱歩が久しぶりに会って遊び半分で書いた連句の話などとっても微笑ましい。その他初版本の画像や雑誌掲載時の挿絵、往時の貴重な写真など図版も多く読み応えがあります。序文に小林信彦(名著「横溝正史読本」の編者であり、生前の正史に相当量のインタビューを行って貴重な証言を引き出している)を引っ張り出しているあたりも心にくい。横溝ファンのみならず、日本の「探偵小説」が好きな人は必読。

 

 

 

 

F.W.クロフツ「クロイドン初12時30分」(創元推理文庫

 

クロイドン発12時30分【新訳版】 (創元推理文庫)

 

初読。クロフツといえば「樽」、「樽」と言えばクロフツみたいに言われがちですが、もう一つの代表作とされるのがこれ。ミステリ界では倒叙三大傑作の一角とされています。倒叙といえばコロンボとか古畑任三郎ですが、一口に倒叙といっても「犯人と探偵の頭脳戦」「犯人はどこでミスをしたのか?という興味」「犯罪者の心理」というようにいろいろなアプローチの方法があるわけで、そのやりかたに独自性や旨味があると言えましょう。

 

でこの「クロイドン」なのですが、犯人は1920年代の世界恐慌のあおりで会社が倒産の危機にある経営者。金策に走り回るもついに打つ手がなくなり、有能で忠実な社員を路頭に迷わせる瀬戸際に。先の短い老人よりも、篤実で未来ある社員たちの生活を取るべきではないか!ということで遺産狙いの叔父殺しを決意するのですが、このあたりの犯人の社会的な追い詰められ方はなかなか世知辛く、読んでてつらいものが。犯人にたいしてつい「がんばれー」と声をかけたくなってしまうあたり、なかなかうまい。

 

そこから実際に犯行に至るまでのサスペンス、叔父が死んでからの捜査状況に一喜一憂するあたりの心理描写、窮地に陥ってさらに犯行を重ねる時のポイント・オブ・ノーリターンを越える心理、といったサスペンス描写が秀逸で、ぐいぐい読まされます。

 

最終的には捜査の手が犯人に伸びるわけですが、それ以後は話が法廷劇に移行したり、最後のフレンチ警部の解明がまた詳細かつ丁寧で、いかにして論理的に犯人に目星をつけ地道な捜査を続けていったのか、というあたりの説明がエレガントで、この部分だけは倒叙でありながら本格のような読み味。という盛りだくさんの贅沢なミステリです。とっても面白かった。個人的には「樽」よりこっちが断然好きですね。

 

 

 

 

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」(ハヤカワepi文庫)

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 

初読。1990年代のイギリス。全寮制の学校で成長してゆく子供たちの青春物語…ですがどことなく現実離れした雰囲気と、どこか普通ではないディティールが積み上げられ、隠された残酷な運命が明らかにされます。

 

青春小説とも、ディストピアSFとも、広義のミステリーとも読める本ですが、残酷な設定ながら登場人物は決して抵抗せず(抵抗しないように教育されている?)、ある種の諦観をもって運命を受け入れ、そのなかで精一杯に生きようとします。その心の動きを静かに丁寧に描き、一読忘れがたい印象を残します。

 

限りある人生を懸命に生きようとするいじらしさ、その枷のなかで他者を愛することの美しさと苦しさ。と同時にそれを強いている作中社会の残酷さ。読みながら、その残酷に読者自身も加担しているのではないか、起こっていることは違えど、これを読んでいる自分もどこかの誰かの何かを搾取して生きているのではないか、という気さえしてきます。それはこの小説の中の世界がしっかりと現実世界の延長に根ざしているからで、もしかしたらこういう世界もあり得たかも知れない、と思わせる描写の力によるものでしょう。

 

ラストシーンの儚い光景と、その後の主人公がたどるであろう運命を思うと、涙なくしては読めない一冊。そうさせるだけの細かな心理の動きや、登場人物の心情が書き込まれた優れた小説だと思いました。

最近観た映画のメモ(2024年3月 その3)

デューン 砂の惑星 PART2』(2024)監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

 

 

現在公開中。第一部で一家を滅ぼされ、身重の母とともに砂漠の民に拾われたアトレイデス家の嗣子ポール(ティモシー・シャラメ)。砂漠の民と同化しながら、仇敵ハルコンネン家への復讐の機会をうかがい、同時に救世主としての宿命にも目覚めるのであった…というお話。

 

うっかり前作の復習を怠って鑑賞に臨んだところ、ベネ・ゲセリット?クウィサッツ・ハデラック??といった用語の意味をすっかり忘れており、脳内記憶庫を大あわてで検索しながらの鑑賞。おかげで内容についていくのが必死だったので、そのへんしっかりおさらいしてから観ましょうね。

 

まず映像は凄いです。広大な砂漠、巨大な砂虫、重厚なメカ、それらが繰り広げるスペクタクルをアートのような美麗なルックで埋め尽くす3時間。眼福です。これは劇場で見る価値があります。IMAXなど、できるだけ設備の整った環境で観るのがおすすめ。

 

しかしどうも一本の映画としてはいまいち乗れず、別に何が悪いわけでもないのになんでだ。やたら長いからかな、とか設定忘れてたからかな、としばらく考えていたのですが、どうもこれはポールの宿命とか心境の変化を読み取り損ねていたためっぽい。

 

ポールは救世主として砂漠の民を率いていく運命を自覚しつつ、しかしその結果多くの民が苦しむ未来が見えている。しかしそれを知らない周囲は彼を救世主として祭り上げようとする。その葛藤をどう乗り越えていくかがドラマのキモ、なのかと思いきや、そこが謎の青い水を飲んでバッチリ覚醒!葛藤スッキリ!となってしまい「ええんかそれで」と感じてしまったところに問題がありそう。内的葛藤を自らの力で止揚するのではなく、薬物で安易に解消してしまったように見える、というのがどうも自分の引っかかったところらしい。

 

この辺、原作を読んでいれば、ドラッグによる自己の拡張とか開放とか、書かれた当時のカウンターカルチャーに根ざした思想が垣間見えるのかもしれませんが、すいません原作読んでないです。話としては限りなく神話っぽいので、そういう葛藤の解消とかなくても全然ええでしょう。神話なんだし。という気もします。そういうのを求める映画でもないだろうと。

 

むしろ、契った彼氏、つまりポールが人混みに流されて変わっていったため最後は自分から離れていくのをやりきれない気持ちで見守るチャニ(ゼンデイヤ)の気持ちを軸に観たほうが、すんなり受容できるかも知れませんね。

 

で、これPART3まであるんかな?ありそうだな〜。

 

 

 

 

ワンダーウーマン』(2017)監督:パティ・ジェンキンス

 

ワンダーウーマン [Blu-ray]

 

DCユニバースの映画は全然観たこと無いマンでした。しかしうちの奥さんが執拗におすすめしてくるのと、ネトフリで観られるのが3月末まで!ということで腰を上げて鑑賞に挑んだわけです。

 

もうなんというか、ガル・ガドットちょうステキ!ガル・ガドットかっこいい!以外の感想が出てこない。容姿、立ち居振る舞い、決めポーズ、どれをとっても女神ぃ!としか思えない。なのでわりとゆるめのプロットとかCGの臭いが微妙にとれないアクションとかパンチのない悪役とか、そういうのはどうでもいいからガル・ガドット出しなさい!出したか!よし!とこれだけで納得できてしまう。これくらい高出力の役者がいるとそれだけで満足できちゃう映画ってあるんだなあ…と感無量です。

 

そんなガル・ガドットの光芒の影になり男性陣はだいぶ存在感がうすいのですが、クリス・パインは気の良いあんちゃんオーラを放っていて良かった(語彙力)。

 

 

 

『007/ゴールドフィンガー』(1964)監督:ガイ・ハミルトン

 

007/ゴールドフィンガー [Blu-ray]

 

4〜5年ぶり、通して観るのはこれで5、6回目かな?ご存知007の映画のフォーマットを確立させたシリーズの重要作。さすがに60年前の映画だけあっていろいろ時代を感じますね。ボンド側も悪役側もなんというか、鷹揚というかコセコセしてないというか、今の目でみるといろいろ詰め甘くね?と思っちゃいますが、そこはクラシックな味わいとして賞翫したいところ。

 

七代目ボンドがアーロン・テイラー=ジョンソンに決まりそうで、撮影開始は秒読み、時代設定は冷戦の頃(つまり一種の時代劇ですね)になるかも、なんて噂もあるので、もしかしたら「ゴールドフィンガー」もリメイクされたりして、そうなったら細部を見比べて、みたいな楽しみかたもできるかも知れませんね。