カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

「肌ざわり」尾辻克彦

肌ざわり (河出文庫)尾辻克彦こと赤瀬川原平の処女短編集が20年の時を超えて再度文庫化。超私小説と銘打たれた内容はこれまで氏が数々のエッセイで触れてきたものばかりなので親しみがあると言うかデジャ・ヴ感溢れると言うか正直またこのネタかよと思わなくもないというか、ま、まあファンにはおなじみのエピソードが並んでおります。しかし超私小説というだけあって、日常のふとした事象とそれに対するオブセッション、さらにそこから展開されるフェティッシュな妄想のディープさはまさにこの人ならではの切り口に立つもので、その視点の奇妙さと面白さ、そしてそれをこねまわす文章表現のアクロバティックさ、それに迷い込むだけでも十分面白い。というか事件らしい事件もおこらず、父子家庭の日々流れてゆく日常をただ切り取っただけともいえる筋立てですが、それがここまで文章として魅力のあるものになっているのは凄い事ではないでしょうか。