カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

「ハサミ男」殊能将之

ハサミ男 (講談社文庫)
シリアルキラーハサミ男君は次のターゲットとなる少女の身辺を洗い上げて犯行の計画をこちこち立てていました。準備万端、いざ事に及ぼうと接近したらばその少女は先を越されて殺されており、あろうことかハサミを首に突き立てるという自分の手口をすっかり真似されていました。というわけでハサミ男の真犯人追跡が始まる…というキテレツなミステリー。ハサミ男君は多重人格者だったり自殺未遂癖があったりして、そのあたりの狂いっぷりが面白くて読み進んでましたが、終盤になって真犯人が出てきた時には正直「ちょっと待てやコラ」と思いました。トリックのある小説ですが、本格ではないですねこれ。しかしこのトリック、映像化不能だと思うんですがバッチリ映画化されてるといいます。どうやったんだ一体。