カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

アンブレイカブル

アンブレイカブル プレミアム・エディション [DVD]
監督:M・ナイト・シャマラン。主演:ブルース・ウィリス。観るのは2度目。『シックス・センス』のビックリオチが余りに鮮やかだったので、以後ドンデン返し屋のイメージが強く、オチがどうだったかだけを云々されがちな監督ですが、基本的にはトンデモない話をクソ真面目に脚本にし、実に丁寧に撮った結果として、どこにも似たものがない唯一無二の映画を作ってしまう人、という感じがします。この話のトンデモ感と、丁寧に作られたディティールのギャップが面白かったりする訳ですが、この映画の丁寧なところは父と息子、夫と妻の関係を細やかに描いているところで、ブルース・ウィリスが父親・夫としての誇りや自信をとりもどしてゆく過程がしみじみと描かれていてよろしい。それとは平行して話の筋立てはトンデモないのですが、このトンデモを許せるかどうかで評価はまっぷたつに分かれるでしょう。オイラは大いに許せる派です。むしろ面白がってます。シャマランには以後も己の道を突っ走っていただきたいであります。