読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

夜九時以降はオトナの時間『悪魔のような美女』

江戸川乱歩「黒蜥蜴」より 悪魔のような美女 [DVD]
監督:井上梅次。主演:天知茂荒井注小川真由美。謎の女傑「黒蜥蜴」(小川真由美)は多分伊豆あたりの海岸にアジトを構え、そこで美男美女を剥製にしては飾ってウッフンとご満悦でした。今日も拉致ってきた美青年(なんと無名時代の宅麻伸)を黒いブーメランパンツいっちょに剥いてじっくりご鑑賞ののち、この美しさを永遠のものに…とのお考えから手下に銘じて美青年を剥製にします。剥製にした後もキチンとパンツは履かせているあたり、放送コードを熟知しているかのようなご配慮が行き届いていてブラボーですが、さても美青年が一人ぼっちでは可哀想。ちゃんと連れ合いを見つけてあげなくては!と世話好きな親戚のオバちゃんよろしく新たに美女の誘拐を企てるのでした。このハタ迷惑な犯罪計画を阻止せんと立ち上がるのが我らが名探偵の明智小五郎。かくて明智と黒蜥蜴の火花を散らす対決が幕を開けるのであった。というお話。


これはかつて土曜ワイド劇場で放映されていた「江戸川乱歩の美女シリーズ」の一篇ですね。明智小五郎天知茂、黒蜥蜴に小川真由美というカロリーの高い役者同士がオトナのイキフンを撒き散らしながら対決するのが見物で、特に熟女フェロモンを常時発散している小川真由美が素晴らしく、彼女が登場するだけで画面に紗がかかってエマニエル夫人みたいになってしまい、ムッチムチの胸元をさらしつつ脂の乗ったオトナの色気をスパークさせておられます。熟女ファン必見。


かたや天知茂濃厚な70年代の男感を漂わせ、背広・七三・タバコという昭和の男アイテムもバッチリ装備。常に丹頂チックの匂いを漂わせるダンディズムでコレに対抗。妙に夜の雰囲気が似合うベテランホストのような明智です。この二人が恋愛にも似たライバル意識をぶつけ合い、互いの腹を探り合いながら対決するという、いやあ昔のテレビの夜九時以降はホンマにオトナの時間だったんだなあと痛感せざるを得ないアダルト感が全編に炸裂しています。アダルトなので開巻、中盤、終盤と節目節目でパイオツ丸出しのシーンもあり、高まる子供は見ちゃダメ感。


そのような大人の雰囲気が充満する一方、伊東感丸出しのホテルロケや、全裸で棒立ちのため微かに身体がプルプルしている剥製役のみなさま、傍若無人なボケ演技で警視庁の無能感を100倍増しにする浪越警部役の荒井注、さらに変装を解くと同時に衣装も前後にバリッと割れて中からシワひとつないスーツ姿で現れる明智という濃厚なやり過ぎ感など、全編にテレビならではのチープな見世物魂が横溢しており、セットやプロップのシビレる安さも相まって、この当時でしか味わえないテイストが詰まっております。スパークする70年代テレビのいかがわしさ。他のエピソードも観たいぞ!