カジノロワイヤルの手帖

banのスットコドッコイ映画感想&小説漫画音楽路上日常雑感。

街へいこうよ どうぶつの森

街へいこうよ どうぶつの森 (「Wii スピーク」同梱)
えーWiiスピークなるテレビ会議のマイクみたいなのが付いてきて、それでボイスチャットができるというのでそれはやはりチェックせねばいかんだろう、というのは表向きで同居人がそれとは関係なく購入。いそいそと釣りや虫取りに励み、元グラフィックデザイナーだった腕を発揮してオリジナルのドットデザインをまめまめしく行っているのを見てオイラも参入。村の名前がDS版のときの「やつはか村」に続いて「おにこべ村」(命名:自分)なので、ここはやはりそういうキャラでいこうと名前を「たたら」と設定(横溝正史著「悪魔の手毬歌」を参照のこと)。たたらさんは小説では湖のほとりに庵を結んで生涯に何人もの妻をめとったという人ですが、水辺の家は確保したものの一夫多妻制はゲームシステム上ある訳もなくせっまい家で一人暮らしです。魚をつったり果物をもいだりして生計を立てています。


ゲームは正直なとこDS版プラスαという内容なので目新しさは余りないのですが、やはりボイスチャットが面白い。電話と違って周囲の音を拾いまくるのでプレイヤーの声だけでなく家族の茶々とか子供の声とかが入ってくるのがおかしい。通りがかりに「こんちわー」「こんにちわー」とボイスチャット経由で挨拶したりとか、部屋に居ながらにして家族ぐるみのおつきあいです。ちょっと会話にタイムラグが入るのが惜しいですが、今後のファームウェアの更新でなんとかなったりしないのだろうか。しないか。


ところでエイブル姉妹の家で黒ぶち眼鏡とむらさきキャップを購入し、装着して釣り竿を持ったらものすごい釣り好きのおっさんみたいになってしまいました。その様子を見た同居人が元ドッターの技量を駆使して「つりバカの服」を作ってくれたので着用したところ、完全に波止場や磯で釣り糸を垂れてボサッとしているおっさんの風情となりました。あまりに素晴らしいのでスクリーンショット機能で画像を保存して、Wiiメニューのメッセージ機能でPCにメール添付で送ろうとしたところ、どういうわけか送れない。なんで?いったんSDカードに保存してメディアの移動でPCにも持っていけそうな気はしますが、ネットワークで持ち出せないのは不便だなあ。ネット上に画像が溢れないための任天堂の策でしょうかね。けーちけーち。しょうがないので同居人はテレビ画面をデジカメで接写するという、ラジカセのマイクでテレビの音声を録音するようなプリミティブな手段に出ております。


あと、Wiiスピークチャンネルも導入してみたのですが、これは日を改めて。